夏の海岸

なぜ夏は治りにくいんだろう…

夏場に出来たぶつ子のニキビはなぜか治りにくい。

 

大きくなったり赤みが消えなかったり再発しやすかったり(;´・ω・)。

そんな夏ニキビの原因と対策を見ていきます。

  • 夏だけニキビが酷い
  • 夏前にニキビを治したい
  • 恋人に見られたくない

 

夏という季節は水着やファッションで露出も多くなるし人目が気になるシーズンです。

そんな時期の悩み事をキレイさっぱり消すために今日から何を心がけばいいのでしょうか?

まずは夏に首のニキビが出来る原因をハッキリさせましょう!

夏に首のニキビが出来やすい3つの原因

海岸を歩く女性

夏にニキビが出来るなら次の3つの原因に当てはまってないか?

そこから確認すると良いです。

どれか1つだけ当てはまってることもあるし複数、当てはまってる可能性もあるので1つずつ見ていきましょう。

 

まず1つ目はターンオーバー

ターンオーバーが早くなり未完成な角質が肌を覆うことになります。

 

すると未完成で弱い角質は毛穴に詰まってしまい、詰まった毛穴にアクネ菌が増殖

ニキビという炎症を起こしてしまうパターンです。

 

夏にターンオーバーが早まるキッカケは冷房紫外線、あとですね。

冷房により肌が乾燥する、紫外線が肌を攻撃し角質をはがす、汗でふやけて角質が剥がれる。

このように夏ならではの肌環境がターンオーバーを早めます。

 

もともと首周りは乾燥しやすく肌が弱い部分。

だから少しのターンオーバーの狂いが首のニキビへと繋がりかねないので対策をしておくのがオススメ。

(やり方は後で話しますね。)

 

2つ目の夏ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れる、つまり男性ホルモンが多くなると角質を増やしたり皮脂量が増えたりで毛穴詰まりのリスクが高まります

これもニキビの原因になるんですね。

 

夏にホルモンバランスが乱れるのは寒暖差

冷房ガンガンの室内と太陽カンカンの室外。

この気温差で体温調節や発汗作用をコントロールする自律神経が崩れホルモンバランスも乱れやすくなります。

 

また夏ならではの過ごし方で不規則な睡眠が関係してる可能性もアリ。

夏休みで夜更かしが続いたり友達と遊んで寝不足になったり。

このように寝る時間が不規則になるのもホルモンバランスを乱すキッカケになります。

 

ホルモンバランスの乱れによるニキビは首だけじゃなくフェイスラインや”うなじ”、顎にもニキビが出来やすいのが特徴

顔の下半分にブツブツが増えたらホルモンバランスが乱れてないかチェックしましょう。

 

最後、夏ニキビの3つ目の原因は夏バテです。

特に胃腸が弱まってないか確認してください。

 

胃腸の機能が弱まると体の老廃物を出す力(デトックス)が弱まります。

体に溜まった老廃物が吹き出物にもつながるんです。

 

夏に胃腸を弱めるのは冷たい食べ物飲み物

暑いからといって体を冷やそうとジュースをガブガブ飲んだりアイスを食べてたら胃や腸の機能が鈍ってしまいます。

(あと辛いモノも胃腸を刺激するので要注意)

 

①ターンオーバーが早まる、②ホルモンバランスの乱れ、③胃腸の機能の低下。

これが夏に首周りにニキビが出来やすい原因となります。あなたは、いくつ当てはまりましたか?

次は夏のニキビが悪化する行動を見ていきましょう

首のニキビが治りにくくなる意外な行動に注意しよう!

首にニキビ
次はニキビが悪化する行動をチェックします。

…というのも夏というシーズンは肌に刺激があるグッズが多いんですよね

それを避けないとニキビが長引く、大きくなることに繋がるのでサラッと確認しておきます。

 

まず汗対策として使われる制汗スプレー汗拭きシート

ニオイ対策には効果があるけど肌には(特に首周りには)刺激が強いんですよね。

首やニキビがある箇所がチクチクしたら絶対に使用NGです。

 

あと紫外線対策でも日焼け止めクリーム美容液を使うとニキビが痛くなることがありました。

紫外線はニキビのリスクを高めるので対策は必須ですが肌に直接塗るタイプは辞めましょう。(詳しくは後で)

 

これもやりがちだけどニキビを隠す行為もチェック。

ニキビが気になるからといって髪で隠したりメイクやファンデの厚塗りで誤魔化すのもニキビの腫れを悪化させます

化粧品もノンコメド系を使いたいですね。

 

最後は寝室や浴槽での行動。

夏は寝汗をかくので枕カバーを清潔にしないと雑菌が繁殖します。

それに暑いからといってシャワーだけで済ますと石鹸のすすぎ残しが首に残り肌を傷めることもあるので湯船に浸かるようにしましょう。

夏に見直したいグッズ×行動
  • 制汗スプレー
  • 汗拭きシート
  • 日焼け止めクリーム
  • UVカット美容液
  • メイクの厚塗り
  • 不潔な枕カバー
  • シャワーのみ

 

これを注意しただけでもニキビが長引くリスクを下げれます。

今までの過ごし方を思い出してニキビがヒリヒリしたり悪化する前の行動から原因を突き止めましょう。

長引いたら憂うつになりますしね。。。

夏こそキレイに!首周りをニキビ知らずにするための対策

洗顔料

夏ニキビの原因は①ターンオーバーが早まる、②ホルモンバランスの乱れ、③胃腸の弱まり、この3つだという話をしました。

この原因に上手く対応して夏ニキビを克服しキレイな首を手に入れましょう。

 

まずターンオーバーについて。

ターンオーバーを正常化するために一番大切なことは保湿です。

冷房による乾燥や外からの刺激から守るために保湿をすることが絶対に大事!

 

あとは汗をマメに拭いたり紫外線対策で日傘や帽子、UVカットのカーディガンなどでターンオーバーが早まるのを防ぎます。

保湿というスキンケアと汗&紫外線対策、これをしてれば怖くありません。

 

ホルモンバランスの乱れについては、まず気温差の対策ですね。

これには重ね着がオススメ。

室内で一枚、羽織れるものがあるだけでも自律神経の乱れを抑えられます。

あとは睡眠時間の確保などできる範囲で改善。※夜遊びは注意デス!

 

あとぶつ子が個人的に気に入ってるのがヨガですね。

運動はしたくない、でも肌に良いことはしたいと思って検索してたどり着いたのがヨガ。

お風呂上りにテレビを見ながらやってます。よかったら一緒にやりませんか?(笑)

最後は胃腸が弱まることについての対応ですが、コツはゆっくり食べて飲むことですね。

口の中で味わう時間を増やすことで冷たい飲食物も体温の温度に近づきます。

アイスやジュースは一口一口、味わって楽しみましょう。

 

今回は夏に首のニキビが増える原因と対策を考えていきました。

ターンオーバー、ホルモンバランス、胃腸。この3つを抑えて効率的に効果的に夏ニキビを防ぎ、夏を楽しみませんか?