早稲田歯科・矯正歯科クリニックからのメッセージ

 お口のケアは健康管理の出発点です。

私たちはご来院いただく皆様に
生涯にわたり、味わう、話す、笑うといった人間らしいいとなみを楽しみながら、豊かな人生を過ごしていただきたいと願っています。
そして、それぞれのライフステージに応じた適切な治療と口腔ケアの提供を通じて、末永く歯とお口の健康を維持できるようお手伝いすることが役割であると考えております。
自然治癒が望みにくい口腔疾患では、治療と共に日頃の予防が重要です。私たちは治療と口腔ケアについて患者さんの十分なご理解、ご納得が得られよう対話を大切にした診療を心がけています。

news&topics

[2018.01.09] 

月曜日 水曜日 金曜日 9:30~19:00 日曜日 10:00~18:00
他の曜日は休診になります。

星陵日記

[2017.11.22] インプラント治療におけるサージカルステントの有効性 [2017.06.16] ひ・み・こ の歯がい~ぜ。
[2017.11.13] あなたの歯周病はどんな細菌によって悪化しているのでしょう? [2017.05.15] 効果抜群!「筋膜リリース」
[2017.10.20] 糖尿病の予防・改善には
歯周病治療が効果的です
[2017.04.10] あなたの歯はもっと白くなる!
[2017.10.15] 歯周病対策はしていますか? [2017.03.01] 今注目の骨ホルモン!「オステオカルシン」
[2017.09.30] 歯並びで顔は大きく変わります [2017.02.08] インプラントの骨移植
[2017.09.12] むし歯を薬で治せるようになる? [2017.01.01] 2017年・謹賀新年
[2017.08.31] 「コンクールジェルコートF」が
なぜオススメなのか?
[2016.12.09] インプラント治療の社会的課題とCSR
~宗像先生セミナー参加報告~
[2017.08.10] 舌下免疫療法 [2016.10.11] 再生医療と歯髄細胞バンク
[2017.07.20] あなたの割れた歯はまだ残せる⁉ [2016.08.29] 歯周病菌+キラーストレス=突然死?
[2017.06.26] アルツハイマー病 と 歯周病 [2016.08.08] 北欧フィンランドからの便り

2017年11月22日  インプラント治療におけるサージカルステントの有効性

こんにちは。
皆さんはインプラント治療で用いられるサージカルステントをご存知ですか?
今回は、近年インプラント治療のデジタル化により飛躍的に進歩を遂げているサージカルステントについて注目していきたいと思います。

<サージカルステントとは?>

術前に撮影したCT画像で計画したシミュレーション通りにインプラントを正確に埋入するためのガイドプレートです。
インプラント埋入の術前計画ではCTデータにより顎骨の密度や量、血管・神経の位置を確認してコンピュータでインプラント体のサイズや埋入位置、方向を決定します。

サージカルステントが導入される以前は、実際の埋入手術は術野を確保するために歯肉を切開して顎骨の形態を目視しながら進めていくという方法でしたが、術者の技量に依る部分もあり、事前に用意した埋入計画が正確に反映されないことや患者さんへの侵襲が大きいといった問題点がありました。
しかし、このサージカルステントを使用することにより、術前シミュレーションで確実に安全と診断された部分に正確な角度、深度でドリルを誘導し、埋入窩を形成することができます。

また、条件が揃えばフラップレス手術といって、ピンポイントで歯肉の除去を行った顎骨にインプラントを埋入することもでき、さらに、術前に補綴物を設計・製作することで即時に口腔の機能を回復することが可能になりました。

<サージカルステントの作製>

診査・診断の上、患者さんの顎の模型をとり、その模型上でマウスピースを作製します。次にこのマウスピースを口腔内にセットしてCT撮影を行い、CTデータをコンピューターに取り込み、インプラント専用のソフトウェアで3D画像化します。この3D画像をもとに埋入計画を立て、3Dプリンターでサージカルステントを作製します。
材料として剛性の高い樹脂を用いたり、十分な厚みを確保するなど破折やたわみに対する配慮も必要になってきます。

<サージカルステントのメリット>

以下にサージカルステントを用いた場合のメリットを挙げてみたいと思います

1. 従来と比較してより確実な埋入ができる
2. 顎骨の形態を考慮しつつ、最終的な補綴物までもイメージして、インプラント治療を行える
3. 歯肉を切開する必要がないため、疼痛や腫張を軽減できる(症例による)
4. 手術時間を短縮できる

<サージカルステントのこれから>

現在、国内でサージカルステントを取り扱っている歯科医院はまだ少数ですが、安全にインプラント治療を受けていいただくために非常に有効なシステムです。
インプラント治療におけるあらゆるステップがデジタル化されつつある中で、サージカルステントの使用は必須となってくるでしょう。

歯科医師 廣田小百合

Information

『歯周病は薬で治る!』に当院が掲載されました。

book_shishubyo.png
内服薬にて歯周病を治療する『歯周内科学』に関する本が出版され当院も研究会会員として掲載されています。
内服薬による歯周病の詳細につきご興味のある患者さんに同誌をお分けしております。
ご希望の方は歯科相談・お問合せへメールまたはお電話にてご連絡ください。


インプラント治療ガイド

book_implant.png海苑社さんのご厚意によりインプラント治療をご検討の方に同誌を無料にてお分け出来ることとなりました。
ご希望の方は歯科相談・お問合せへメールまたはお電話にてご連絡ください。

TEL 03-5155-0085

(予定冊数に達しました場合はご容赦ください。)
インプラント治療なるほどガイドについて問合せる

早稲田歯科・矯正歯科クリニックへのアクセス

住所:東京都新宿区高田馬場1-1-13 セントエルモ西早稲田1F

診療時間
午前診療
(9:30∼13:30)
× × ×
午後診療
(14:30∼19:00)
× × ×

【午前診療】○9:30∼13:30 △10:00∼13:30

【午後診療】○14:30∼19:00 △14:30∼18:00

 

※休診日:火曜・木曜・土曜・祝日

※学会等で、診療時間が変更する場合があります。